できるかな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Cafe'break ぱ~と2!

今年も終わるね・・・。

宙組は・・・色々ありましたね・・・。
うめちゃんの休演、宙組の貴重な方々の退団・・・。
色んな試練を乗り越えて・・・
宙組は、一歩一歩素敵な組へと変貌を遂げている気がする年の瀬・・・。

来年も飛躍の年!になりますように!

このブログも1年以上続けてこれましたけど・・・
いつ止めよう・・・いつ止めよう・・・と思いつつ、ズルズル続けて来れました。
あんまり更新しないブログですけど・・・(´∀`;(´∀`;(´∀`;
いつもこちらを覗きにきて下さるみなさま・・・拍手やらしてくださる方々・・・
本当にありがとうございます!

来年も、宙組に!七帆さんに・・・キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー  していきましょう!

来年もよろしくお願いします!

では、Cafe' break!の続き・・・


中 「改めてご紹介します。今夜のお客様は、宙組の七帆ひかるさんです!
  どうぞ、よろしくお願いします!」

七 「よろしくお願いします!」

中 「今回のお芝居『Paradise Prince』!」

七 「はい!」

中 「もうポスター見たときから・・・わっ!可愛い!」

七 「ねっ!ポップな感じで・・・」

中 「楽しそうなお話だ~!と思ったんですけど・・・ご自信では?脚本・・・台本読まれて・・・
   どんな印象持たれました?」

七 「そうですね・・・やっぱり、こう・・・最近、大劇場公演のバレンシアとか・・・黎明とか・・・
   ちょっと暗めと言うか・・・ドラマチックな重い感じのものが多かったので・・・
   ポスターから見ても分かるとおり、
   アニメーションキャラクターも出てくるし・・・こう・・・明るい感じの・・・
   宙組は、まだ歴史が浅い組なので、すごく宙組っぽい、フレッシュな感じだな・・・と思って・・・
   楽しみでした!」

中 「トップのお二人も非常に現代的な感じの個性を持ってらっしゃるし・・・」

七 「そうですね!」

中 「組のみなさんもホントに・・・みんな格好良いですよね!男の子みたい!っていう・・・」

七 「そうですね・・・なんか・・・」

中 「女の子も今っぽい人が多い・・・」

七 「あっ・・そうですかね・・・。
   やっぱり、こう・・・トップさんの二人がね!本当に現代のコスチュームとか似合って・・・
   普通にジーンズにTシャツで格好良い!みたいな感じなんで・・・
   それを目指して頑張っているからでしょうかね?」

中 「そうかもしれませんね!
   今回演じてらっしゃるのlは、陽月華さんが演じているキャサリンのルームメートのメグの恋人!」

七 「はい!」

中 「ケヴィン!」

七 「ケヴィン!」 cafe29.jpg


中 「なんか・・・優しい恋人

七 「はい・・・」

中 「いい・・・なんか・・・こんな恋人居たらなって・・・」

七 「そうですね・・・なんか・・・見た目的には、すごくチャラチャラしてるんですけど・・・
   あの・・・いつも、こう・・・台本読んだときに、ケヴィンの台詞を見たら、
   いつも誰かが、こう・・・なんて言うんですか・・・キツイ台詞を、強い台詞を言った後に、
   割って入る・・・ちょっと緩和剤のような役割をしているのかな?っていう・・・
   だから、本当に優しい男というか・・・
   見た目とのギャップを前面に出して行こうかな?というか・・・」

中 「女の子のほうが、ちょっと物言いがキツクなっちゃったり・・・
   ちょっとコンプレックスがすごく強く出てたりするんですけど・・・」

七 「はい。」

中 「男の子は、その中に入って、なんか・・・まあまあっていう・・・」

七 「そうですよね。で・・・今回、特にその女の子3人のキャサリンとアンジェラとメグって言うのが、
   現代の若者にありがちな・・・リアルな感情を、こう・・・
   相手に対する嫉妬とか・・・なんか妬み僻みとか・・・そういうのを、こう・・・
   素直に感情のままにぶつけあったりとか、リアルな場面があるので・・・
   その中でちょっと・・・こう和ませるような存在であればいいかな・・・と・・・」

中 「そうですね・・・
   あのアニメーショーン会社のチームと、
   それからキャサリンの下宿している所の美大生仲間だったチームと、
   それから、画商と言うかね、アンソニーさんのところのアートチームていう・・・
   3つ!こう・・・はっきり分かれているので、すごくこう見やすい・・・」

七 「そうですね。
   あの・・・演出の植田先生もアニメーションチームは、本当に見た目から・・・
   あのドリームファクトリーのね・・・赤い机があって、なんか虹がかかってるみたいな・・・
   すごい・・・本当にアニメを見てるような・・・チーム。
   で・・・アンソニーチームは、本当に分かりやすい悪!の・・・」


中 「そうですよ!雷鳴とどろいちゃって・・・」

七 「そう!そう!そう!(笑)」

中 「何処に雷が!?みたいな・・・」

cafe32.jpg


七 「スゴイですよね!(笑)
   それで、見た目的にもちょっとダークな感じで、みんなアクセサリーを付けて、
   美に執着のあるチームって感じで・・・」

cafe34.jpg


中 「妖しげな・・・」

七 「私達の・・・その・・美大の同窓生チームは、現代の若者ていう感じ、
   見た目もみんな・・・やっぱアートを目指しているだけあって、
   あの・・・今風の格好をしているんですけれども・・・
   でも芝居的には、リアルな現代の若者の夢を追いかけるうえでのこう挫折とか・・・
   そういうものを出しているリアルな担当と言うか・・・そういう感じですね・・・。」


------------ ここからお芝居のダイジェストが流れます。 ------------------

七 「(笑)」 cafe30.jpg cafe31.jpg


中 「お父さん!踊ってるんですよ!」

七 「お父さん!踊ってますね(笑)大農場の・・・」

中 「マイアミの・・・」

七 「ねぇ~。今初めて見ました(笑)!」

中 「オクラホマでしたっけ?」

七 「はい。オクラホマ・・・はい・・・。」

中 「本当に楽しい作品なんですけど・・・
   本当に、あの・・・屋根裏のところで、こう・・・
   自分達の気持ちを言い合ったりするシーンとか・・・
   みんな分かるんですよね・・・。みんな通って来た道・・・」

七 「はい・・・。」

中 「夢を追いかけるんだけど・・・ていうところが・・・」

七 「はい・・・。」

中 「ズシンときますよね・・・。」

七 「そうですね・・・。で、つい・・自分の感情でやってると、
   本当に女同志のみんなの感情でやってると・・・あっ!分かる!みたいな・・・
   そこ苦しい・・・思わず泣きそうに・・・涙も出できそうになるんですけど・・・
   そこは、やっぱりケヴィンなんで・・・男らしく、ちょっと堪えて・・・
   あの・・・ナンテ言うんですか・・・
   そこでも、やっぱり気遣って・・・ちょっと・・・あの・・・場を和ませようとするんですけど・・・
   やっぱり、ケヴィンもアンジェラとかと一緒で、
   自分の夢を諦めて、違う道を行っているていう感じで・・・
   あそこは、本当に毎回ズシンときますね・・・。」

中 「夢を・・・ひとつの夢を諦めるんだけれども・・・
   でも、全部を放棄したわけじゃなくって・・・
   チャンスがくれば・・・
   自分達の作品もアーティストとしてやって行きたいという希望を持ちながら・・・
   今の仕事を続けていく・・・」

cafe28.jpg


七 「そうですね・・・。はい・・・。
   ケヴィンは、あの・・・アートでだけで!という道は諦めたけれども、
   舞台の背景っていうのをやっていて、
   あの・・・最初見たときに、じゃあアートでやっているんじゃないか?って思ったんですけど、
   多分・・・入ったばっかりで、その背景のちょっとした草とか・・・
   そういうのしかまだ書けてないのかな?みたいな・・・
   いつかは、これを全部自分でやるゾ!ていう大きな夢を持っている!という感じで・・・
   ケヴィンは・・・」

中 「でも実際に、こう舞台製作のスタッフに支えられて、
   宝塚の舞台もできあがってるワケじゃないですか・・・」

七 「そうですね・・・」

中 「だから、そういったスタッフの気持ちとかもね・・・代弁してるっていうところがあって・・・」

七 「ああ・・・」

中 「スタッフさんとか・・・仕事しながらも、気持ち入っちゃうだろうな・・・つい・・・
   照明さんとかも・・・舞台セット組む人とかも・・・」

七 「はい・・・」

中 「だいたい同じ様な気持ちで、この業界に入ってると思うし・・・
   だから、なんか・・・こう・・・見てても自分達の通って来た道だし・・・
   なんか・・こう・・・ホント、ハッピーエンドになってくれて・・・最後嬉しいわ・・・素直に・・・」

七 「そうですね・・・。
   あの・・・頂くお手紙とかでも、私もこう・・・美術を目指していて・・とか・・・
   私も夢を諦めて・・・とか・・・
   今回の芝居を見て、色々自分と重ね合わせて、
   色々感じて下さってる方が多いので・・・すごく嬉しいです!」

cafe27.jpg


中 「あの・・・本当、こう・・楽しい気分で・・・参加したほうが良い舞台ですよね!」

七 「そうですね!参加型で!」


えっと・・・まだ、もうちょっとお芝居のお話しが続きまして・・・
その後ショー!最後に逆転裁判の話しもちょこっとあります。

続きは。。。また・・・
 
スポンサーサイト
別窓 | 七帆さん | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<”こころ”・・・の年、2009! | できるかな | 宙組!愛してる~!>>

この記事のコメント

cafe break 面白くよく読みました.
私は 韓國の 人で 2月に公演を見に行きます.期待されます.
2009-01-01 Thu 02:08 | URL | Kim #sSHoJftA[ 内容変更] | top↑
>Kimさん

こんばんは!
またまたコメントをお返しするのが遅くなって申し訳ありません!

韓国!ビックリです!
七帆さんも国際的なスターさん!ということですね!
すっごーーーーーい!
バウ公演!本当に楽しみです!

2009-01-18 Sun 20:55 | URL | Peace #NNZ72WTo[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| できるかな |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。